「渓谷の休憩室」

スミレと蝶を載せています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秋は、まだ先

ヤマトシジミ

阿讃山脈は標高が900m前後の尾根の連なり。
その徳島県(阿波)側には、尾根近くを林道が通る。
香川(讃岐)側からは、尾根へ上がる道が数本あり、峠を抜けて林道へでる。
場所によっては、眼下に吉野川とその周辺の景色が見え、
その向こう側に、山並み、遠く剣山(1855m)山系が広がる。
きょうは、そのひとつを越えて三頭の広場へ来た。
山のモミジは、まだ、暗い緑で赤くなるには、もう少し掛かりそう。

原っぱに出ると、小さな蝶がとびあがる。
良く見るとヤマトシジミが、ハコベの花に来ている。
R0010540a.jpg
ハコベはウシハコベのようだ。
R0010543a.jpg
ハコベの周りには、
カタバミの黄色い花も見え、その葉っぱには食痕もあり、
ヤマトシジミの営みは、まだまだ続くようだ。
  1. 2011/10/29(土) 14:46:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<ありがとうございました。 | ホーム | キツネノゴマ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fwhn1317.blog8.fc2.com/tb.php/107-abd974e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山鳥

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。